イソフラボンの効果

イソフラボンの効果

大豆イソフラボン、言わずとしれた女性に良いサプリですが、具体的にどんな効果をもたらすのでしょうか。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きのため、年齢とともに女性ホルモンが減少することによる更年期障害やその症状であるほてりやのぼせが改善されます。

また、カルシウムを摂取しても、女性ホルモンの分泌が少ないと、骨の中のカルシウムはどんどん溶けいってしまいますが、それを防ぎ、骨の密度を保ちます。

そして、女性ホルモン過剰の影響などによる乳がんの予防にも役立ちます。イソフラボンには乳がんや前立腺がん以外にも、多くのがんの予防が期待されています。血流を良くするので、冷え性にも効果が期待でき、それから、悪玉コレステロールを減らしたり血圧を下げる効果もあり、美容面では、女性らしい体をつくるエストロゲンと同様の働きがあるため、美白作用、保湿など肌の美容効果も認められ、また、生理不順の改善などたくさんの効果をもたらせてくれて、是非、上手に摂取したいところです。

日本人の毎日の食事には大豆食品が多く含まれていて、大豆イソフラボンの1日の摂取目安量は、70~75mgですが、納豆なら1パックでほぼ1日分の大豆イソフラボンを摂取できます。比較的に食事などで摂取しやすいところですが、外食や洋食中心の食事だとなかなか摂取しずらいかもしれません。そんな時には、サプリなどで補うなどするとよいかもしれませんね。